男性へのプレゼントにシトリンのパワーストーン

結婚式に夫婦で招待されていたので、自分の着るものと一緒に旦那の冠婚葬祭用スーツを買う事にしました。
買うスーツは割りとすぐ決められたのですが、ネクタイピンやカフスボタン等はなかなかいいものがなく、日を改めて買う事にしました。
どうせ買うなら長く使える品の良いものがいいと思い、参考までにとネットサーファンしていたら、パワーストーンをあしらったカフスボタンに目が釘付けになりました。
自分が付けるものでないのにピンときて直ぐに注文しました。
その商品はとてもシンプルなデザインで、ちょうどワイシャツのポタンほどのカボションカットのシトリンが、シルバーの台に付いているもので、年を重ねてもいろいろなシーンで使えそうな質の良さを感じました。
シトリンは仕事に良い影響をもたらすようなので、夫にちょうどいいと思ったのです。
数日後カフスポタンが届いたのですが、どうせならちょっと早い誕生日プレゼントにいいだろうと思い、夫には黙ってベットの引き出しの中に入れておきました。
商品が届いた日から数日後、久しぶりに外で食事をしようと珍しく誘われたので、少しお洒落をしてよく行くレストランに行きました。
席についてすぐ、実は大きい取引が決まったからお祝いをしたいと言われ、初めてポトルでシャンパンを注文しました。
確かにこのところ調子良さそうな感じだったので詳しく話を聞いたら、なんでも他のところと既に決まっていた取引が突然先方の一方的な都合で破談になり、時間がなかったので急にまわってきた案件だとのことで、ここ数日でまとまった割には、会社始まって以来の大きな事案とのことです。
ほとんど営業もかけていないところから降って来たような幸運な話に、担当者である夫もびっくりしている様子で、数年の不振から上向きになればいいと話していました。
私は話を聞きながら、ぼんやりとパワーストーンのお陰かしらと考えていました。
その数日後、招待された結婚式にシトリンのカフスボタンを付けて行ったわけですが、なんとそこで信じられないことが起こりました。
先ほどの急に決まった案件の先方の担当者が、新婦側の親戚筋だったのです。
思わぬところで思わぬ人と会い妙な縁を夫は感じていたようですが、更にそれがきっかけで、手がけているのとは別の大きな案件を、その方を通じて夫のほうに打診してきたのです。
結婚して以来の夫の仕事の調子良さは一体何が原因なのか。
思い当たるのはシトリンのパワーストーンが付いたカフスボタンしか考えられません。
買って良かったです。

Copyright 2013 ぱわーすとーんの魅力.com All Rights Reserved.