鮮やかなパープルが美しいパワーストーン「スギライト」

パワーストーンが大好きな友人がいて、いろいろと話を聞いたり実際に石を見てみたりしているときにスギライトがとても綺麗だったので、その友人に石について尋ねてみました。
スギライトは石によって色合いも大きくかわっていて、濃いパープルのものから、青色、ピンク色をしたものまでさまざまです。
色味が濃い黒っぽくなったパープルのものは力が増幅されていて魔よけによいといわれています。
淡い色のものは癒しの力が強くなる石ということでした。
私は濃いパープルの色合いに惹かれていましたが、とても力が強い石なので気軽にもつよりは自分にあったものを持っていたほうがパワーストーンとしての力も発揮されると友達にアドバイスを受けて、淡い紫色の石を選んでブレスレッドにして身に着けるようにしました。
スギライトは比較的新しい石で1944年に日本で発見された鉱物です。
発見者は杉健一という名前だったのでスギライトという名前がついたそうです。
愛媛県の岩城島で発見された鉱物で、今でも岩城村では特産品として販売されています。
私のブレスレッドも紫色で、一般的に紫色の石というイメージがありますが、色彩に関してはいろいろなバリエーションがある石で、黒に近いものや青いもの、ピンクなどと展開しています。
発見時は黄褐色のものが見つかったということです。
水には弱い石なので、浄化のためには太陽光にあてたり月光にあてる、またハーブなどの香にあてることで浄化することができます。
水には弱いと聞いているのでお風呂に入浴する時なども用心するようにしています。
スギライトを持つこで心身を浄化することができ、気持ちが落ち着くことができるといわれています。
私も石を身につけるようになってから、仕事でうまく考えがおさまらなかったりする時に慌ててしまっていたのに、最近ではどっしりと構えるようになりました。
うまくいかないことに慌てるよりも、状況を見据えて、どうしたらよいかということに考えが及ぶようになり、前と同じ状況に立たされた場合も自分の気持ちの持ち方が随分と変わってきたような気がします。
周囲の状況はなにもかわっていないのに、どこか違うと感じるのは自分自身が変われたからだと思えるのです。
変化への順応性が高まったように思えます。
これがパワーストーンの力なのか自分の経験によるものなのかはわかりませんが、せっかく自分が魅力を感じて手に入れたパワーストーンで、大切にしているのでそのおかげだと思ってこれからも大切にしていきたいと思っています。

Copyright 2013 ぱわーすとーんの魅力.com All Rights Reserved.